副業でかなり稼いだら必要なこと

どうも、ヤマザキです。

副業はそれそのものが本業とは別のものにはなるのですが、そもそも副業をする上で注意しないといけないのは稼ぎすぎてしまう事です。

副業とはいえ収入を得る事に変わりはないので、副業で20万円以上稼いでいる場合は、確定申告を必ずしないといけなくなります。

ただし、これがアルバイトや副業なのか、それ以外なのかで少し違ってきます。

本業がサラリーマンで副業としてアルバイトとかをしている場合、アルバイトの収入が年間で20万円に満たない場合は確定申告の必要はありません。

これが例えばクラウドソーシングのような在宅ワークなどの場合、所得が20万円以下であれば確定申告の必要はないのです。

どちらも20万円に満たない場合確定申告が必要ないのですが、少し意味合いは変わってきます。

アルバイトは収入が20万円以下で、副業が在宅ワーク等の場合は所得が20万円以下となっています。つまりは在宅ワークのような副業は収入ではないわけです。

所得は「売上―経費」の事で、売り上げがたとえ100万円程度あったとしても経費に85万円くらいかかってしまっている場合、所得は15万円になるので、この場合は確定申告が不要になるのです。

アルバイトは経費は関係ない為、単純な収入で計算をされます。

そうした場合、同じように100万円の収入があれば必ず確定申告をしないといけないのです。

少し難しいですかね。

ただ、副業だからといって確定申告が必要なのにも関わらず確定申告をしないという選択肢はとる事ができないので注意してください。

しっかり計算して、確定申告をしたくない人は調整しながら副業をするようにしましょう。